close

めんしんチャンネル > 免震を学ぶ > 免震ってなんだろう?

今、地震から建物の倒壊や損傷を防ぐ技術として「免震」が注目されています。免震建物は建物の損傷を防ぐだけでなく、建物の中の安全性の確保にも有効です。

「免震」は、命と財産を守る技術です。

日本では、マンション、病院、市庁舎、事務所、工場、倉庫など多くの建物に使われています。その効果は、兵庫県南部地震、新潟県中越地震、福岡県西方沖地震、そして今回の東北地方太平洋沖地震において多くの効果が確認されています。「免震」とはなにか、このコンテンツでは免震建物の構造、しくみ、その効果、免震建物に使用される免震ゴムのしくみについてわかりやすく説明します。
地震の大きなエネルギー(振動)が建物に伝わると、建物は損壊、倒壊という被害を受ける場合があります。いかに地震に対応するか、地震大国「日本」では建築の工法や構造に工夫を施し、建物の地震対策を行ってきました。
建物には、構造の違いにより「免震」「制震」「耐震」の3種類があります。下記のイラストでそれぞれの違いを解説します。
免震建物は免震ゴムが支えています。
地震の時には、免震ゴムが建物の重さを支えながら水平方向に大きく変形することで建物を地震から守ります。
この映像では、実際の構造設計で用いる「極めて稀に発生する地震動(数百年に1度の発生)」告示波神戸位相を用いて免震・制震・耐震建物の地震解析シミュレーションを行い、応答結果から室内・構造部材(柱/梁/壁など)の地震後想定例をご紹介いたします。

シミュレーション結果は建物/地震動によって結果が異なります。ここでは、鉄筋コンクリート構造14Fの集合住宅(※)を以下概要にて設計し、地震解析シミュレーションを行っております。

※ X方向:耐震壁 Y方向:ラーメン架構
大地震の際には、建物の損傷以外に室内の家具などが転倒してしまう恐れがあります。 免震建物の場合、免震装置の効果によって建物に強い揺れを伝えにくくするため家具などの転倒防止に効果があり、安全性が確保できます。

この映像では、振動台実験により実大サイズの住宅を実際にあった地震波で加振した実験映像をもとに、免震建物と非免震建物の室内の様子がどのように違うか比較することで、免震建物の効果がご覧いただけます。

映像協力:株式会社一条工務店
免震建物は将来にわたり確実に免震機能を発揮し、建物の安全性を保持するために免震建物の所有者や管理者による点検や検査が必要となります。(建築基準法第8条及び第12条参照)
また、免震部材だけでなく、建物周辺、免震ピット、設備配管など設置環境を含めて点検や検査を実施します。

この映像では、実際の免震建物を例にして、専門の技術者(免震建物点検技術者)による点検や検査の実施項目の解説と作業風景をご覧いただけます。

※点検内容の詳細は、社団法人日本免震構造協会「免震建物の維持管理基準 -2010-」をご参照ください。
  • 2013.05.13 NEW

    「高減衰ゴム系積層ゴムX0.4R」の発売を開始し、「鉄粉・ゴム混合材プラグ挿入型積層ゴムeRB」のサイズラインアップを拡充します。
    詳しくはこちら
  • 2013.01.31

    「震災対策技術展」に当社免震ゴムを出展致します。(期間:2013年2月7日(木)~8日(金)@パシフィコ横浜 アネックスホール)
    第17回震災対策技術展オフィシャルサイト
  • 2013.01.31

    「建造物の地震対策に関する意識調査」を実施致しました。
    詳しくはこちら
ブリジストンTODAYのサイトへ
ブリヂストンTODAY(東京都小平市)では、実際に建物地下に設置されている免震ゴムをご覧いただけます。
サイトマップ
Menshin Channel TOP
Bridgestone